包絡線検波のスペクトラム

包絡線検波の動作は分かっていたが、スペクトラム的にどうなっているのか、は意外と考えたことがなかったため、メモ。

 

最も単純な回路と動作は下記のようになるはず。

f:id:e_v_e:20160605090325p:plain

 

スペクトラムの変化は下記。

整流直後のキャリアがまだ含まれている波形のスペクトラムはよく分からなかったが、平滑化までしてしまえば右のようなスペクトラムになるはず。当然ながら、ミキサでDCまでダウンコン(同期検波)したスペクトラムと同じになる。波形的にもDCのオフセットが乗った状態の信号波形となっているため、スペクトラムと対応する。

f:id:e_v_e:20160605090507p:plain

 

参考

包絡線検波器(ダイオード検波器)の理論解析1

 包絡線検波を定量的に解析するのはやはり意外と複雑なよう。

Remove all ads